1.基本方針

  • 1) 臨床工学技士の資質向上
    • (CEセミナー・呼吸療法セミナー・医療機器安全講座の開催、新卒者講習会実施)
  • 2) 臨床工学技士の広報活動
    • (医療機器安全講座や研究会による職種間交流、通信・会誌の発行)
  • 3) 臨床工学技士の職場開拓
    • (県立病院やその他の病院での技士採用の働きかけ)

2.具体策

  • 1) 学術部門
    • ①第7回・第8回CEセミナーを県内各地で開催
    • ②第3回いわて呼吸療法セミナーの開催
    • ③第3回医療機器安全講座の開催
    • ④新卒者映像講習会の開催
  • 2) 広報部門
    • ①通信6号・7号の発行
    • ②会誌の発刊
  • 3) 渉外部門
    • ①岩手県環境保健福祉部との関係樹立と臨床工学技士の役割、必要性の啓蒙
    • ②岩手県医療局との関係強化と臨床工学技士定員化の要望を継続して行う
    • ③県内医療施設への臨床工学技士採用の働きかけ
    • ④臨床工学技士養成施設との関係強化と優秀な人材確保
    • ⑤関係団体への協力
    • ⑥公益社団法人日本臨床工学技士会との連携強化
  • 4) 事務局
    • ①一般社団法人岩手県臨床工学技士会会員名簿の作成
    • ②公益社団法人日本臨床工学技士会との相互協力
    • ③会員の交流及び施設間の連携強化
    • ④技士会未加入者の入会推進
    • ⑤北海道・東北臨床工学技士会連絡協議会との連携

◆予算案については、こちらからご覧ください。